kinugoe

悪魔崇拝者から人類を開放し、宇宙を平和な生活圏としよう

中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」と7月末から米海軍特殊作戦支援船『オーシャントレーダー』横須賀寄港

「中国の原子力潜水艦台湾海峡で「重大事故」? 乗組員全員死亡説も」
https://note.com/kinukoe/n/neca5317e2b39

 

8月22日から24日まで南アフリカヨハネスブルグで、ブラジル、ロシア、インド、中国が中心である BRICS の大きな首脳会議が開催されていたが「金(ゴールド)などに基づいた BRICS 共通通貨の宣言」がなされるとの懸念が西側世界で予測されているが、今回の中国原子力潜水艦台湾海峡での「重大事故」はドル基軸通貨体制崩壊に繋がるBRICSの動きに対して警告するための西側世界からの軍事攻撃の可能性が指摘されている。



「米海軍特殊作戦支援船『オーシャントレーダー(米軍海上輸送司令部が運用する特殊戦支援船)』横須賀寄港」

https://note.com/kinukoe/n/n814a34318e97

 

中国は今、すでに臨戦態勢を取ってる可能性がある。
そうした中、横須賀に先月から寄港している謎の船があるのです。
識別コードがないデンマークの元民間の商業輸送貨物船を改造した「オーシャントレーダー(米軍海上輸送司令部が運用する特殊戦支援船)」が入ってきているのです 。
米海軍がそのまま買い取って約4年で改造した船です。

日本のメディアの半分は中国に買い取られ、半分は半島の国そしてあとはディープステート側が臨時でお金を出して、指定した記事を書けというふうにやってる状況です。
そうした日本のメディアが騒ぐには大いに理由があるのです。
今このBRICsとの仁義なき戦いをまさに地でいくなかで今後、起きうるであろう騒乱に備えた特殊部隊の艦の識別番号がなくAIS(船舶自動識別装置)にも表示されない船が1ヶ月前から横須賀にいるのです。

オーシャントレーダー(アメリカ海軍軍事改造輸送司令部が運用する特殊戦支援船)は空母に匹敵するレベルの総トン数3万トンで全長193m、幅26m、最高速度21ロット約時速40キロ出ます。
灰色と白におけるツートンカラーの外観は貨物船時代から全く変わっておらず商業船にしか見えません。
しかしその役割はなんとアメリカ海軍の特殊部隊が運用する資機材を搭載し目的地の近くへと運び海と空の両方から戦力の投入を助けるという究極の極秘作戦部隊用の船です。
これが何で今、日本に来ているのか。
明らかに特定アジア系となった日本のメディアがこの船の寄港を何故暴露しているかの理由を考えてみましょう。
民衆の目の前でCIAの出先機関であるAB元首相を公然と中国共産党スパイが暗躍した情勢にあって米海軍のこれから行われるであろうブリックス壊し作戦が日本国内あるいは日本近海の諸地域で軍事展開されるであろう強力な特殊部隊船がペトロダラー(オイルマネーともいう。国際的な原油取引市場ではアメリカ合衆国ドルが国際決済通貨のほとんどを占める体制)の怒りを買って日本に入ってきたニュースを公衆の面前にバラしたわけです。

Navy SEALsネイビーシールズ, United States Navy SEALs)は、アメリカ海軍の特殊部隊である。
アメリカ海軍特殊戦コマンドの管轄部隊であり、2つの特殊戦グループ、8つのチームに分かれて編成されている。
創設1962年1月1日。
アメリカ海軍兵科特殊部隊(空挺, 潜水, 上陸戦)。
人員9000名程度。(Wikipedia

 

 

#中国原子力潜水艦
#台湾海峡
#BRICS
#オーシャントレーダー
#特殊戦支援船
#横須賀寄港
#共通通貨宣言


 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紀ノ国屋 プチフールクッキー
価格:475円(税込、送料別) (2023/8/26時点)